050500-7312-10

ー 汕頭手刺繍 ハンカチーフ ー SWATOW 【八人衆 陳暁芳】7312

¥100,000

汕頭は、中国大陸の南部、南シナ海に面した風光明媚な港町。港には多くの船舶が停泊し賑わっていますが、雰囲気はどこか長閑。
この地域では多くの女性が手仕事に携わり、特に刺繍は盛んです。
18世紀、イタリアから来た宣教師が刺繍の技術を伝えた事がその起源といわれています。
その技は中国の美意識と刺繍工達の細やかな手を得て、大きな花を咲かせました。以来、200有余年にも渡って母娘代々の技術が伝えられているのです。
汕頭刺繍ではあらゆる工程が手作業で行われます。竹や籐を使った円形の刺繍枠と針・糸・はさみ。
それだけを使って驚くほどの速さで針を刺し、どんな込み入った図柄も美しく仕上げられていきます。


1980年代、汕頭地区で数万とも数十万ともいわれる刺繍工の中で、最も繊細且つ最高の技術を極めた職人達がいました。
この職人達は八人衆と呼ばれ、刺繍工の師として長くその技術の伝承に努めました。

当社は、この八人衆の高い技術と刺繍業における功績を称え、汕頭の最高技術を駆使してつくられた「汕頭手刺繍手巾コレクション-八人衆」として
結実させました。布の宝石ともいえる究極のハンカチーフです。

こちらのハンカチーフはアンティーク調の風合いをイメージしたベージュ色が特徴的です。
羽のようなデザインや花、飾りの細かいドロンワークがハンカチーフ全体をうめつくした豪華なデザインとなっております。
通常は1つ1つの技術をもつ村々をまわって3ヶ月以上かけて仕上がる汕頭ハンカチーフを、1人の職人が半年以上かけてほどこした大変貴重な一枚です。

※桐箱でのご用意も可能でございます。

サイズ : 29cm×29cm 綿65% 麻35% 刺繍糸:綿100% 中国製

残り3点

Recently viewed